2010年06月23日

[Android] b-mobileSIM 購入

b-mobileSIMを購入しました。
もちろん、Desireに挿して使うためです。

とりあえず、実際に動作するかどうかを確認したかったので、まずは30日版を買うことにしました。
6カ月版と1年版はヨドバシやアマゾンでも買えるのですが、1カ月版は通販でしか買えないようです。
b-mobileのサイトから申し込みを行いました。
申し込みから到着までは3日くらいでした。

届いたのはSIMと簡単な説明書。
説明書を読むと、どうやら開通手続きをしなければならないようです。
開通手続きには携帯電話が必要でした。
説明書をに書かれていた電話番号に携帯電話からかけます。
自動応答ガイダンスの指示どおりに手続きをします。
具体的にやることはSIMの電話番号(説明書に書かれている)をプッシュするくらいです。
5分くらいで開通するらしいですが、僕は1時間くらい放置してたので、実際に何分でつながるようになるかは分かりません。

あとはDesireに差し込んで、アクセスポイントの設定をするだけです。
アクセスポイントの設定内容も説明書に書いてあります。
説明書に書かれている内容以外で設定したのは、設定の名前くらいで、他は全部空欄のままにしておきました。
ネットワークにはすぐ繋がりました(と思います…。ちゃんと覚えてません…)。
通信速度もWillcomのどこでもWi-fiを使っていた身としては快適です。

ただ、一度Wi-fiにつないだら、SIMでの通信ができなくなりました…。
Wi-fiをオフにしても繋がる気配がありません。端末を再起動したら再接続しました。
事前にネットで調べていた通りです…。
(http://sdlab-org.blogspot.com/2010/04/htc-desire-b.html)
いろいろと考えるのがめんどうなので通信速度が落ちることには目をつぶって、常にWi-fiはオフの状態で使うことにしました。

ちょっと気になる点としては、ステータスバーの電波強度のアイコンが常に×で表示されることでしょうか。
ロック画面では「制限付きサービス」と表示されます。
limited_service.png
まぁ、これは通話はできないけど、データ通信はできるよ、という意味の制限付きなんでしょう。
電波強度のアイコンも通話に関しての電波しか表示していないものと思われます。
実際、Real Signalをインストールしたらデータ通信の電波状況は確認できましたし。
real_signal.png

現時点では概ね満足です。
使用期限が1ヶ月しかないので、期限が切れたら更新しようかなぁ、と検討しています。
今度は6ヶ月版を購入しようかなぁ。
どこでもつながることで、Desireがより素敵な端末になってしまいました。

 
posted by t2low at 02:23| Android